コンテンツへスキップ

Ultralytics YOLO よくある質問(FAQ)

この FAQ セクションでは、Ultralytics YOLO リポジトリで作業中にユーザーが遭遇する可能性のある、一般的な質問や問題を取り上げます。

1.Ultralytics YOLO を実行するためのハードウェア要件は何ですか?

Ultralytics YOLO は、CPU、GPU、さらにはいくつかのエッジデバイスなど、さまざまなハードウェア構成で実行することができます。しかし、最適なパフォーマンスと、より高速なトレーニングと推論を行うためには、最低8GBのメモリを搭載したGPUの使用をお勧めします。CUDAをサポートするNVIDIA GPUが理想的です。

2.カスタムデータセットで事前に訓練されたYOLO モデルを微調整するには?

カスタムデータセットで事前に訓練されたYOLO モデルを微調整するには、データセットのプロパティ(画像へのパス、クラス数、クラス名など)を定義するデータセット設定ファイル(YAML)を作成する必要があります。次に、データセットのクラス数に合わせてモデル設定ファイルを修正します。最後に train.py スクリプトを使用して、カスタムデータセットと事前にトレーニングされたモデルでトレーニングプロセスを開始します。Ultralytics のドキュメントに、YOLO の微調整に関する詳細なガイドがあります。

3.YOLO 形式のモデルをONNX またはTensorFlow 形式に変換する方法を教えてください。

Ultralytics は、YOLO モデルをONNX 形式に変換するためのサポートを内蔵しています。変換には export.py スクリプトを使用して、保存されたモデルをONNX フォーマットに変換することができます。モデルをTensorFlow フォーマットに変換する必要がある場合、ONNX モデルを仲介として使用し、ONNX-TensorFlow コンバーターを使用してONNX モデルをTensorFlow フォーマットに変換することができます。

4.Ultralytics YOLO をリアルタイムの物体検出に使用できますか?

はい、Ultralytics YOLO は効率的かつ高速に設計されており、リアルタイムの物体検出タスクに適しています。実際の性能は、ハードウェア構成とモデルの複雑さに依存します。GPUを使用し、特定のユースケースに合わせてモデルを最適化することで、リアルタイム性能を達成することができます。

5.YOLO モデルの精度を上げるには?

YOLO モデルの精度を向上させるには、次のようないくつかの戦略がある:

  • より多くのアノテーションデータでモデルを微調整する
  • トレーニングサンプルの種類を増やすためのデータ増強
  • より大きく、より複雑なモデル・アーキテクチャを使用する
  • 学習率、バッチサイズ、その他のハイパーパラメータの調整
  • 転移学習や知識蒸留のようなテクニックを使う

精度と推論スピードはトレードオフの関係にあることが多いので、特定のアプリケーションに適したバランスを見つけることが重要であることを覚えておいてほしい。

さらに質問がある場合やサポートが必要な場合は、遠慮なくUltralytics のドキュメントを参照するか、GitHub Issues や公式ディスカッションフォーラムを通じてコミュニティに連絡してください。



作成日:2023-11-12 更新日:2023-11-12
作成者:glenn-jocher(1)

コメント