コンテンツへスキップ

YOLOv8の TensorBoard との統合により、視覚的な洞察を得る。

Ultralytics'YOLOv8のようなコンピュータビジョンモデルを理解し、微調整することは、そのトレーニングプロセスを詳しく見ることでより簡単になります。モデルトレーニングの可視化は、モデルの学習パターン、パフォーマンスメトリクス、全体的な動作に関する洞察を得るのに役立ちます。YOLOv8TensorBoardとの統合は、この可視化と分析のプロセスを容易にし、より効率的で情報に基づいたモデルの調整を可能にします。

このガイドでは、YOLOv8 で TensorBoard を使用する方法について説明します。メトリクスの追跡からモデルグラフの分析まで、さまざまな可視化について学びます。これらのツールは、YOLOv8 モデルのパフォーマンスをよりよく理解するのに役立ちます。

テンソルボード

テンソルボードの概要

TensorFlow の可視化ツールキットであるTensorBoard は、機械学習の実験に不可欠です。TensorBoardは、機械学習モデルを監視するために重要な、さまざまな可視化ツールを備えています。これらのツールには、損失や精度のような主要なメトリクスの追跡、モデルのグラフの視覚化、weights and biases のヒストグラムの経時的な表示などが含まれます。また、埋め込みデータを低次元空間に投影し、マルチメディアデータを表示する機能も提供します。

YOLOv8 TensorBoardを使ったトレーニング

YOLOv8 モデルのトレーニング中にTensorBoardを使用するのは簡単で、大きな利点がある。

インストール

必要なパッケージをインストールするには

インストール

# Install the required package for YOLOv8 and Tensorboard
pip install ultralytics

TensorBoardには、YOLOv8 がプリインストールされており、視覚化のための追加設定が不要です。

インストールプロセスに関する詳細な説明とベストプラクティスについては、YOLOv8 インストールガイドをご覧ください。YOLOv8 に必要なパッケージをインストールする際、何らかの問題が発生した場合は、解決策やヒントについて「よくある問題」ガイドを参照してください。

Google CollabのためのTensorBoardの設定

Google Colabを使用する場合、トレーニングコードを開始する前にTensorBoardをセットアップすることが重要です:

Google Collab用にTensorBoardを設定する

%load_ext tensorboard
%tensorboard --logdir path/to/runs

使用方法

使い方の説明に入る前に、 Ultralytics が提供するYOLOv8 モデルのラインナップをご確認ください。これは、あなたのプロジェクトの要件に最も適したモデルを選択するのに役立ちます。

使用方法

```python

fromultralytics importYOLO

# 学習済みモデルを読み込む model =YOLO('yolov8n.pt')

# モデルを訓練する 結果 = model.train(data='coco128.yaml', epochs=100, imgsz=640) ```

上記のコード・スニペットを実行すると、次のような出力が期待できる:

TensorBoard: Start with 'tensorboard --logdir path_to_your_tensorboard_logs', view at http://localhost:6006/

この出力は、TensorBoardがYOLOv8 トレーニングセッションをアクティブに監視していることを示しています。提供されたURL (http://localhost:6006/) にアクセスすることで、TensorBoardダッシュボードにアクセスし、リアルタイムのトレーニングメトリクスやモデルのパフォーマンスを確認することができます。Google Colabで作業しているユーザの場合、TensorBoardはTensorBoard設定コマンドを実行したセルと同じセルに表示されます。

モデルトレーニングプロセスに関するより詳しい情報は、YOLOv8 モデルトレーニングガイドをご覧ください。ロギング、チェックポイント、プロット、ファイル管理についてご興味のある方は、コンフィギュレーションに関する利用ガイドをお読みください。

YOLOv8 トレーニングのためにTensorBoardを理解する

では、YOLOv8 トレーニングの文脈で、TensorBoard の様々な機能とコンポーネントを理解することに集中しよう。TensorBoardの3つの主要セクションは、時系列、スカラー、グラフです。

時系列

TensorBoardのTime Series機能は、YOLOv8 モデルの経時的な様々なトレーニングメトリクスの動的で詳細な視点を提供します。これは、トレーニングエポックにわたるメトリクスの進行と傾向に焦点を当てます。以下はその例です。

イメージ

TensorBoardにおける時系列の主な機能

  • タグとピン留めカードのフィルタリング:この機能により、ユーザーは特定のメトリクスをフィルタリングしたり、カードをピン留めして素早く比較したりアクセスしたりすることができます。特に、トレーニングプロセスの特定の側面に焦点を当てる場合に便利です。

  • 詳細なメトリクス・カード:Time Seriesは、メトリクスを学習率(lr)、トレーニング(train)、検証(val)のような異なるカテゴリに分け、それぞれを個別のカードで表します。

  • グラフ表示:時系列セクションの各カードには、トレーニングの経過に伴う特定の指標の詳細なグラフが表示されます。この視覚的な表示は、トレーニングプロセスにおけるトレンド、パターン、または異常を特定するのに役立ちます。

  • 詳細分析:時系列は、各指標の詳細な分析を提供します。例えば、異なる学習率のセグメントが表示され、学習率の調整がモデルの学習曲線にどのような影響を与えるかについての洞察を提供します。

YOLOv8 トレーニングにおける時系列の重要性

時系列セクションは、YOLOv8 モデルのトレーニングの進捗状況を徹底的に分析するために不可欠です。時系列セクションは、モデルのトレーニングの進捗を徹底的に分析するために必要不可欠なセクションです。また、モデルを微調整し、パフォーマンスを向上させるために重要な、各メトリクスの進行状況の詳細なビューも提供します。

傷跡

TensorBoardのスカラーは、YOLOv8 モデルのトレーニング中に、損失や精度のような単純なメトリクスをプロットして分析するのに重要です。これらのメトリクスがトレーニングのエポックごとにどのように変化するかを明確かつ簡潔に表示し、モデルの学習効果と安定性に関する洞察を提供します。以下はその例です。

イメージ

TensorBoardにおけるスカラーの主な特徴

  • 学習率(lr)タグ:これらのタグは、異なるセグメント間での学習率のばらつきを示している(例. pg0, pg1, pg2).これは、学習率の調整がトレーニング過程に与える影響を理解するのに役立つ。

  • 指標タグ:スカラーには以下のようなパフォーマンス指標がある:

    • mAP50 (B):物体検出の精度を評価するために重要な、50%Intersection over Union (IoU)における平均精度。

    • mAP50-95 (B):IoUのしきい値の範囲にわたって計算された平均精度。

    • Precision (B):予測精度を理解する鍵となる、正しく予測された正のオブザベーションの比率を示す。

    • Recall (B):検出漏れが重要なモデルにとって重要なこの指標は、すべての関連するインスタンスを検出する能力を測定する。

    • さまざまな測定基準について詳しくは、パフォーマンス測定基準に関するガイドをお読みください。

  • トレーニングと検証タグ (train, val):これらのタグは、トレーニング・データセットと検証データセットに特化したメトリクスを表示し、異なるデータセット間のモデル・パフォーマンスの比較分析を可能にします。

スカラー監視の重要性

スカラーメトリクスの観察は、YOLOv8 モデルの微調整に極めて重要である。損失グラフのスパイクや不規則なパターンなど、これらのメトリクスの変動は、オーバーフィット、アンダーフィット、不適切な学習率設定などの潜在的な問題を浮き彫りにすることができます。これらのスカラーを注意深く監視することで、学習プロセスを最適化するための情報に基づいた決定を下すことができ、モデルが効果的に学習し、望ましいパフォーマンスを達成することを保証します。

スカラーと時系列の違い

TensorBoardのスカラーと時系列はどちらもメトリクスの追跡に使用されますが、その目的は若干異なります。スカラーは、損失や精度などの単純なメトリクスをスカラー値としてプロットすることに重点を置いています。これらのメトリクスが各トレーニングエポックによってどのように変化するかをハイレベルで概観することができます。一方、TensorBoardの時系列セクションは、様々なメトリクスのより詳細なタイムラインビューを提供します。TensorBoardの時系列セクションは、様々なメトリクスの詳細なタイムライン表示を提供しますが、メトリクスの経時的な変化や傾向を監視し、トレーニングプロセスをより深く理解するのに役立ちます。

グラフ

TensorBoardのグラフセクションは、YOLOv8 モデルの計算グラフを視覚化し、モデル内での操作とデータの流れを表示します。モデルの構造を理解し、すべてのレイヤーが正しく接続されていることを確認し、データフローにおける潜在的なボトルネックを特定するための強力なツールです。以下はその例です。

イメージ

グラフは、特にYOLOv8 のようなディープラーニングモデルに典型的な複雑なアーキテクチャーにおいて、モデルのデバッグに特に有用である。レイヤーの接続やモデル全体の設計を検証するのに役立ちます。

概要

このガイドは、機械学習モデルトレーニングの可視化と分析のために、YOLOv8 とともに TensorBoard を使用する手助けをすることを目的としています。このガイドでは、TensorBoardの主要な機能が、YOLOv8 のトレーニングセッション中に、トレーニングメトリクスとモデルのパフォーマンスに関する洞察をどのように提供するかを説明することに重点を置いています。

これらの機能と効果的な利用戦略の詳細については、TensorFlowの公式TensorBoardドキュメントと GitHubリポジトリを参照してください。

Ultralytics の様々な統合についてもっと知りたいですか?Ultralytics の統合ガイドページで、他にどのようなエキサイティングな機能が発見されるのを待っているかをご覧ください!



作成日:2024-01-01 更新日:2024-01-01
作成者:abirami-vina(1)

コメント