コンテンツへスキップ

COCO8-Pose データセット

はじめに

UltralyticsCOCO8-Poseは、COCO train 2017セットの最初の8枚の画像(トレーニング用4枚、検証用4枚)で構成される、小さいが汎用性の高いポーズ検出データセットである。このデータセットは、物体検出モデルのテストとデバッグ、または新しい検出アプローチの実験に最適です。8枚の画像は、簡単に管理できるほど十分に小さく、かつトレーニングパイプラインのエラーをテストし、より大きなデータセットをトレーニングする前のサニティチェックとして機能するほど多様です。

このデータセットはUltralytics HUBおよび YOLOv8.

データセット YAML

YAML (Yet Another Markup Language) ファイルはデータセットの設定を定義するために使われる。このファイルには、データセットのパス、クラス、その他の関連情報が含まれている。COCO8-Poseデータセットの場合は coco8-pose.yaml ファイルは https://github.com/ultralytics/ultralytics/blob/main/ultralytics/cfg/datasets/coco8-pose.yaml.

ultralytics/cfg/datasets/coco8-pose.yaml

# Ultralytics YOLO 🚀, AGPL-3.0 license
# COCO8-pose dataset (first 8 images from COCO train2017) by Ultralytics
# Documentation: https://docs.ultralytics.com/datasets/pose/coco8-pose/
# Example usage: yolo train data=coco8-pose.yaml
# parent
# ├── ultralytics
# └── datasets
#     └── coco8-pose  ← downloads here (1 MB)

# Train/val/test sets as 1) dir: path/to/imgs, 2) file: path/to/imgs.txt, or 3) list: [path/to/imgs1, path/to/imgs2, ..]
path: ../datasets/coco8-pose # dataset root dir
train: images/train # train images (relative to 'path') 4 images
val: images/val # val images (relative to 'path') 4 images
test: # test images (optional)

# Keypoints
kpt_shape: [17, 3] # number of keypoints, number of dims (2 for x,y or 3 for x,y,visible)
flip_idx: [0, 2, 1, 4, 3, 6, 5, 8, 7, 10, 9, 12, 11, 14, 13, 16, 15]

# Classes
names:
  0: person

# Download script/URL (optional)
download: https://ultralytics.com/assets/coco8-pose.zip

使用方法

COCO8-PoseデータセットでYOLOv8n-pose モデルを画像サイズ640で100エポック学習させるには、以下のコードスニペットを使用します。利用可能な引数の包括的なリストについては、モデルのトレーニングページを参照してください。

列車の例

from ultralytics import YOLO

# Load a model
model = YOLO('yolov8n-pose.pt')  # load a pretrained model (recommended for training)

# Train the model
results = model.train(data='coco8-pose.yaml', epochs=100, imgsz=640)
# Start training from a pretrained *.pt model
yolo detect train data=coco8-pose.yaml model=yolov8n.pt epochs=100 imgsz=640

サンプル画像と注釈

COCO8-Poseデータセットの画像の例と、それに対応するアノテーションを示します:

データセットサンプル画像

  • モザイク画像:この画像は、モザイク処理されたデータセット画像で構成されたトレーニングバッチを示す。モザイク処理とは、複数の画像を1つの画像に合成し、各トレーニングバッチ内のオブジェクトやシーンの種類を増やすトレーニング時に使用される手法です。これにより、異なるオブジェクトサイズ、アスペクト比、コンテクストに対するモデルの汎化能力を向上させることができます。

この例では、COCO8-Poseデータセットの画像の多様性と複雑さ、および学習プロセスでモザイク処理を使用することの利点を示しています。

引用と謝辞

COCOデータセットを研究開発に使用する場合は、以下の論文を引用してください:

@misc{lin2015microsoft,
      title={Microsoft COCO: Common Objects in Context},
      author={Tsung-Yi Lin and Michael Maire and Serge Belongie and Lubomir Bourdev and Ross Girshick and James Hays and Pietro Perona and Deva Ramanan and C. Lawrence Zitnick and Piotr Dollár},
      year={2015},
      eprint={1405.0312},
      archivePrefix={arXiv},
      primaryClass={cs.CV}
}

COCOコンソーシアムが、コンピュータビジョンコミュニティのためにこの貴重なリソースを作成し、維持してくれていることに感謝したい。COCOデータセットとその作成者についての詳細は、COCOデータセットのウェブサイトをご覧ください。



作成日:2023-11-12 更新日:2024-01-07
作成者:glenn-jocher(4),Laughing-q(1)

コメント